投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

[雑記] [再録] エスペラントについて

実は、十代後半の頃にエスペラントの世界 Esperantio(エスペランティーオ) に片足を突っ込んでいたことがある。言語を通しての諸民族の平等と世界平和を祈念したザメンホフ博士の高邁なる理念に惹かれて――という訳ではまったくない。知的好奇心と言えば聞こえは良いが、一種の知的功名心とでも呼ばれるべき状態から手を出してみたというのが実際のところである。高校受験に備えて通っていたある進学塾の理科講師が授業中の雑談の折にチャペックの戯曲や小説を絶賛していたので、騙されたと思って岩波文庫から出ていた『山椒魚戦争』を買ってみたのがそもそものきっかけだった。中学生にとっては分厚い目の文庫本であり、しかも生硬な訳文が多いことでいまだ悪名高い岩波文庫から出されていたにもかかわらず、あっと言う間に読了してしまった。あまりに面白かったために、勉強がそっちのけになってしまったことは言うまでもない。話の中に、雨後の筍のように人工語が発表されていた20世紀初頭のヨーロッパを風刺するような一節があり、エスペラントについても言及されていた。翻訳をしたのは栗栖継(くりすけい)というエスペランティストでもあるチェコ文学者だ。日本でチェコ人の文物を研究している者にとっては、栗栖継は故・千野栄一と並ぶパイオニア的な存在である(と、少なくともわたしはそう思うのだが、他のチェコ研究者の方々がどのように考えておられるのかについては寡聞にして知らない)。読んでみて大変驚いたのは、文庫本での翻訳者によるものとしては異例の長さの解説が附せられていたことである。しかも、翻訳者によると解説は版を重ねるごとに増補していったとのことだ。さらに驚かされたのは、単にチェコで出版された文献を一人で集めて翻訳や註釈を作っていったのではなく、チェコのエスペランティストとの文通を通してこうした解説を書くことが可能となった――という点だった。栗栖氏自身がエスペランティストであるということもあって、人工国際語に関する件の一節への註釈には、当然のごとくエスペラントとその歴史に関する詳細な説明もあった。そこにはエスペラントで書かれた文も引用されており、書かれている内容とは関係なく魅力的な字面に思えた。それまで見たことのある横文字の補助記号と言えば、右上がりもしくは左上がりのアクセント記号やウムラウトくらいしかなかったものだから、子音字の上…

[電脳大工道具] [Emacs] [SKK] セミコロンが使われた顔文字をSKK辞書に登録す る方法

SKKユーザにとっては先刻ご承知のことながら、変換辞書にない熟語を登録したい場合にはスペースバーを繰り返し押し続けて「辞書登録」のミニバッファが出て来た際にそこへお望みの漢字をペーストしてリターンキーを押せば当の漢字がローカルの変換辞書 .skk-jisyo へ登録される。このような作業を通して、やがては自分だけの辞書ファイル(もしくは頻出熟語のキャッシュ)が作られてゆく。他の IME などとは一味も二味も異なったこうしたシンプルな操作性ゆえ、SKK にどっぷりはまってしまう人は後を絶たないことと思う。

だが、新しい語句を登録する際にはまれにちょっとした問題が生じることがある。(;´Д`) や (^_^;) などといった、セミコロンを用いた顔文字を「かおもじ」と入力すれば出せるように通常の方法で変換辞書に登録しようとしたところで、思うような顔文字を出すことができない。原因は意外と簡単に分かった。SKK の変換辞書もまた Emacs-lisp のスタイルで記述されているので、件の顔文字に含まれているセミコロンがコメントアウト文字として解釈されてしまい、セミコロンよりも右側の文字がコメントアウトされてしまうからだ。セミコロンをコメントアウト文字として解釈されないようにするには、次の手順を踏むと良かろう。

・通常通り (^_^;) などをそのままミニバッファにペーストし、リターンキーを押してひとまず .skk-jisyo に登録し、Emacs を終了させる

・Emacs を再起動させてから、SKKモードは動かさずに .skk-jisyo を手で編集

.skk-jisyo を手で編集する際には、

かおもじ/(^_^;)/

となっているところを

かおもじ/(concat "(^_^\073)")/

という風に修正する。

この修正作業を行ってから SKK モードを起動させるか、あるいは Emacs を再起動させると普通に SKK モードで上記の顔文字を用いることができるようになる。

[電脳大工道具] [Emacs] [Wanderlust] ascii に含まれないラテン文字などを含んだ文面を強制的に utf-8 にエンコードする

いつの頃からか忘れたが、Emacs を 22 から23 にアップグレードさせたついでに Wanderlust も最新版にアップグレードさせているうちに、チェコ語のハーチェクやチャールカなどを含んだメールを送信した際に文字化けを起こすようになってしまい、相手に迷惑をかけてしまったことがあった。

指摘を受けて手元に残っていたメールのヘッダを見てみたところ、文字化けの原因はすぐに分かった。本来ならば、チェコ語のハーチェクやチャールカなどが含まれた utf-8 や iso-8859-2 のメールの本文は quoted-printable によって7ビットの ascii 文字に変換されて送られるはずだ。ところが、Wanderlust 上で書いて送ったチェコ語メールのヘッダーを見てみると、本文のエンコーディングが iso-2022-jp-2 になってしまい、quoted-printable も機能していなかった。

原因はすぐに分かったものの、解決法がなかなか分からなかった。そのため、チェコ語でメールを送る際には Sylpheed や Mew を使って送るという消極的な解決策を採ることにした。だが、やはり使い慣れたものを使ってメールを送受信するのが一番である。

そんな中、Google で検索をかけてみたところ、偶然 Wanderlust のメーリングリストで同様の問題を抱えていた方の投稿を発見した。それによると、jis x 0212 にある文字を使った日本語のメールの場合には、デフォルトの設定だとcharset は iso-2022-jp-2 になるとのことだった。そのため、iso-2022-jp-2 の代わりにutf-8 を使いたい場合には、 ~/.wl に以下のようなコードを追加すれば良い——ということが分かった。



(eval-after-load "mcharset"
'(setq charsets-mime-charset-alist
(delq
(rassq 'iso-2022-jp-2 charsets-mime-charset-alist)
charsets-mime-charset-alist)))



このコードのおかげで、文字化けの問題が解決された。