2011年5月24日火曜日

[電脳大工道具] [Emacs] [SKK] セミコロンが使われた顔文字をSKK辞書に登録す る方法

SKKユーザにとっては先刻ご承知のことながら、変換辞書にない熟語を登録したい場合にはスペースバーを繰り返し押し続けて「辞書登録」のミニバッファが出て来た際にそこへお望みの漢字をペーストしてリターンキーを押せば当の漢字がローカルの変換辞書 .skk-jisyo へ登録される。このような作業を通して、やがては自分だけの辞書ファイル(もしくは頻出熟語のキャッシュ)が作られてゆく。他の IME などとは一味も二味も異なったこうしたシンプルな操作性ゆえ、SKK にどっぷりはまってしまう人は後を絶たないことと思う。

だが、新しい語句を登録する際にはまれにちょっとした問題が生じることがある。(;´Д`) や (^_^;) などといった、セミコロンを用いた顔文字を「かおもじ」と入力すれば出せるように通常の方法で変換辞書に登録しようとしたところで、思うような顔文字を出すことができない。原因は意外と簡単に分かった。SKK の変換辞書もまた Emacs-lisp のスタイルで記述されているので、件の顔文字に含まれているセミコロンがコメントアウト文字として解釈されてしまい、セミコロンよりも右側の文字がコメントアウトされてしまうからだ。セミコロンをコメントアウト文字として解釈されないようにするには、次の手順を踏むと良かろう。

・通常通り (^_^;) などをそのままミニバッファにペーストし、リターンキーを押してひとまず .skk-jisyo に登録し、Emacs を終了させる

・Emacs を再起動させてから、SKKモードは動かさずに .skk-jisyo を手で編集

.skk-jisyo を手で編集する際には、

かおもじ/(^_^;)/

となっているところを

かおもじ/(concat "(^_^\073)")/

という風に修正する。

この修正作業を行ってから SKK モードを起動させるか、あるいは Emacs を再起動させると普通に SKK モードで上記の顔文字を用いることができるようになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「治安維持法」再び!(怒)

「共謀罪」がスムーズに成立する背景 あの連中に投票した馬鹿な有権者を、わたしはとことん軽蔑する。わたしは、博愛主義者ではまったくない。己れの愚かさを反省しない連中には、今も昔もとことん冷たくできている(わたしなんざ、自分の不甲斐無さや馬鹿さを恥じない日など冗談抜きで一日たり...